« ハンドアウト劇場再び | トップページ | TRPGは赤箱から根本的には進化していない。っていうかしないで欲しいというある外野の意見 »

2008年3月17日 (月)

SW2.0:ある狂える老人の繰言

うさぎ汁 

なんじゃお前さんたちは・・・。そうか。あの歴史を聞きたいのか。あのディアナ・ソレル様言うところの「黒歴史」を。これもこのやつがれめの最後のご奉公かもしれん。語ってしんぜよう。

・・・それはソードワールド2.0と言われておった。なんでそんな名前になったのかはしらん。会社の金で車を買って豪遊するワンマン社長の鶴の一声とも聞くが正確にはわからん。ともあれ「今時2.0なんて名前つけんのはもはや詐欺師ぐれーだろ」という話もあったのぢゃが。色々大人の事情があったんぢゃろう。

そもそもがそんな内容になったのかもよくわからん。所詮わしらはユーザじゃかったからのう。なんか晴海で売っていてもおかしくはない内容だとしか思えなんだ。同人誌みたいぢゃった。中身が。

わしらはよく遊んだのう。ウサギがの、ウサギがおったんじゃよ。ウサギ汁にすると美味しいのぢゃが。種族としてウサギがおっての。よく腰振る可愛いウサギがおった。ん?ウサギはめっちゃ腰振るぞ?もう年中発情状態じゃからの。ウサギ汁も美味い。

わしらはよく「あーまた腰振ってるよこのウサギ」をモットーに遊んだもんじゃ。

あとはの。ドワーフの女がの、幼女なんぢゃ。これは吃驚たまげたの。マジに。何処のMMOかと。鋼鉄幼女かと。アギモリかと。なんでドワーフのメスは幼女でしかも永遠に幼女なんぢゃ?思えば遠くに来たもんじゃのう。とわしらは感涙に咽んで幼女メスドワーフマツリをしたの。ウサギは腰振り、メスドワーフは幼女。ロリばばぁぢゃ。すごぉおおおおく前衛的なコンセプトだとわしらは信じて疑わんかったのう。ウサギPLはもう一日の半分以上を腰振っておった。プレイにならんの。あとはメスドワーフ祭りもまたすごかったのう。何せ幼女じゃから。ロリばばぁの大群を見たときの感涙は今だに夢に見るの。これは一体どこのMMOなんじゃろう?MMOも落ち目じゃね?もう合言葉はこれじゃ

「ウサギは腰振りゃ、メスドワーフも腰振る。」

「も、もう駄目ぇっ、お腹一杯だよぉ・・・」

何処のエロゲかと。というかわしらの頭が。何とも先進的な発想にわしらは狂喜乱舞したのう。

更にの、このSW2.0は銃器やグラップリングまで入ったのじゃ。格闘技ぢゃ。格闘技。これも当時バキが流行だったわしらは喜んでのう。遊んだものじゃ。厚木基地同好会。なんてパーティ名もつけたの。正確には「アッツーギ・キティ・ド・ウコウ・カイ」ぢゃ。

とまれSW2.0のもうかつてとは様変わりしすぎたその栄光たる設定は、いやもう感動して感動して。思わずウサギ汁でパーティしたのう。というかの。当時疑問がひとつあった。ウサギが種族なのはいいんじゃがの。狩とかしての、小動物を捕まえる。人間がぢゃ。でその小動物の皮をはいで肉を薫染にする。ウサギはそれを見てどう思うぢゃろう?これは「ライオンキング」とかの「動物を人間と同じに扱った場合、その餌はどう扱うのか?」という古くて新しい問題なんぢゃがの。

思わず手違いでウサギの皮も剥いだかもしれん。向こうは腰振りで気付かなかったかもしれんが。

いやいい時代じゃった・・・。

うさぎ汁

http://www.e-komachi.jp/rakushoku/seven/usagi/index.htm?PHPSESSID=30830a8a2af136797023ed1530fa583e

ウサギ汁

http://syyou.hp.infoseek.co.jp/menyu/gomoku/usa/usa.html

|

« ハンドアウト劇場再び | トップページ | TRPGは赤箱から根本的には進化していない。っていうかしないで欲しいというある外野の意見 »

TRPG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12215/40532094

この記事へのトラックバック一覧です: SW2.0:ある狂える老人の繰言:

« ハンドアウト劇場再び | トップページ | TRPGは赤箱から根本的には進化していない。っていうかしないで欲しいというある外野の意見 »