« なんて美味しいタビット汁なの!! | トップページ | A-DIC:備忘録:グローランサ作成開始 »

2008年7月12日 (土)

ルナーの啓発とラヴクラフトに共通する神秘思想のモデルの原型「SFと神秘主義」(サンリオ文庫)

20050514215239 「これはコリン・ウィルソン「SFと神秘主義」を読むといい。ここに載っている」
「どういう意味だい?ジョー」
「ラブクラフトは、コリンウィルソンの評論、この本によれば、完全なオリジナルな神話としてクトゥルフ神話体系を顕したわけではない。そこには原型が存在する。つまりオカルティズムな魔術形態としての原型が。それをラブクラフトは、ある方法によって学び、それを反映させた、というのがコリンウィルソンの仮説だ」
「つまりクトゥルフ神話体系は完全な独創ではない、ということだ。それは巧妙、あるいは乱雑に隠蔽され暗喩、隠喩として示されている。詳しくはとにかくサンリオ文庫の”SFと神秘主義”と読むといい。残念ながら今手元ない。あれば紹介できるのだが。」
「まぁまた入手できたら紹介することにしよう」
「恐らく、ラブクラフトの掴んだ原型は、つまりルナーの啓発で使われた原型と、同一だ」
「それはつまり実践的魔術、オカルティストとしてのある魔術形態の啓発こそが、後々クトゥルフ神話体系とRQのルナーの啓発に影響を及ぼした、と見るのが妥当だろう」
「同じものだからね」

「ともあれ興味があれば、”SFと神秘主義”を読むといい」
「絶版なんだけどねえ」
「多分、図書館をくまなく探していけば手に入るはずだ」
「あるいはヤフオクか」
「まぁ読んでみるのをぜひともお勧めする」
「以上、以下を読んでの感想でした」

http://d.hatena.ne.jp/Epikt/20080606#1212750811

「一応以下で買える。最低1000円から」

http://www.kosho.or.jp/list/031/031-71.html

(上で書名があるから、そこで検索可能。1000円~2700円)

|

« なんて美味しいタビット汁なの!! | トップページ | A-DIC:備忘録:グローランサ作成開始 »

ぐだぐだ雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12215/41812249

この記事へのトラックバック一覧です: ルナーの啓発とラヴクラフトに共通する神秘思想のモデルの原型「SFと神秘主義」(サンリオ文庫):

« なんて美味しいタビット汁なの!! | トップページ | A-DIC:備忘録:グローランサ作成開始 »