« 今だにDVD初回限定版が買えるアニメ版ナイトウィザードは売れなかった?ハイかYESでお答えください | トップページ | 某氏はプロの批評家になれるといいなぁ 「TRPG批評と批評についての妄言」 »

2008年11月17日 (月)

オタク向け女性作家、女性漫画家による性の描き方の差異についてのオタク的メモ

そのうち忘れるかもしれないのでメモ代わりに書く

A)ARIAにおける「寿退職」
B)かんなぎにおける非処女疑惑
 →偶像の変化
   →なぜその必要性があったのか?
   →男性作者で同じことは恐らくできない

C)リリカルなのはにおけるアリシア・テスタロッサの狂気の原因、そこにある「元夫の不在」
 →驚くほど元カレ、元だんなさんがそこには描かれてない
 →デスマーチプロジェクトにおける失態(それによって娘を失う)があるが、デスマーチに関与している時点から、失態後まで、一切元夫は描かれていない(離婚にせよ死別にせよ)
 →これはA'sにおいても同様(夢の中でのフェイトの決断においても同様に出てこない)
D)鋼の錬金術師における女師匠の儀式失敗による「子宮と一部内蔵損失」
 →「産む性の欠損」
 →なぜ子宮?
 →同様に「母親」を儀式によって復活させようしての主人公たちの失敗

 ★「性」ではないが、鋼の錬金術師では経済動物としての「人間」が描かれる
  ex)経済動物としての競走馬(金にならない競争馬の末路)
  戦争兵士(ある種の経済行為である戦争における消耗品)としての人造人間たち

E)オタク向けではないが、笙野頼子:水晶内制度における女性の描かれ方
 →女性だけの国家ウラミズモにおける創世神話作りと、その限界
  →ロリコン犯罪者に対して、ウラミズモ国民の教育効果を狙った、「処罰」

F)こどものおもちゃにおけるヒロイン少女の描かれ方
 →ナボコフ・ロリータの変奏曲ともとれる?
 →絵としては骨盤、乳房など「少女」だが、振る舞いは「女性」(悪女)に近い?
  →セックスは存在しない(振る舞いを暗示、臭わせてはいる)が、男性教師を誘惑する
 →ヒロイン少女の養育者男性の性癖(マザコンであり、父親を恐れ、その父親に自分を捨てけなげに尽くす母親に対して幻滅している)
   →「女」としての母親に捨てられた子供  

      →光源氏計画(性の対象、喪失した恋人兼母親の復活)を狙う養育者男性(しかし適齢期まで待つことができる)(男性作家であれば、恐らくそうは描かない)

  →「女性」としての成長を親によって阻害し続けられた女教師

G)うさぎドロップにおける少女育成(しかしこれはオタク向けではない漫画)
 →徹底的に性は排除される(第一部)
  →主人公少女を擁護する男性主人公は、ほぼ完全に少女に対して欲情しないどころか、一般女性に対してすら欲望を感じていない(去勢された父親像)
 →「母親」であることを拒否した(ように見える)主人公少女の戸籍上の母親

<考察>

女性作家が、少女、女性を描く場合、その視点は男性作家と大きく異なる
男性作家では絶対に描けない「同性」を描く場合が多い

A)男性作家による女性や性の描き方 異性による理想像としての女性
B)女性作家による女性や性の描き方 ある種の生々しさ(例えば子宮が抜かれた女性、という発想は男性作家では思いつけない)を内包する女性

よって「処女性」に対しても大きく捉え方が異なる

偶像における理想像が持つ処女と、同性の延長としての処女、両者の違いが現れるのではないか?

ex)かんなぎにおける元カレは、偶像にとってみてみれば悪夢だが、同性の延長であればある意味当然である(魅力的な少女なのに一度も彼氏とつきあわない過去の方が異常)

ex2)ARIAにおける寿退職も同様にあそこまで魅力的な女性が彼氏ともつきあわないのは異常(読者はあくまで第三者であり、アリシア嬢の彼氏、読者の代替、感情移入対象としてのその彼氏は結局最期まで意図的に描かれていない)

→「偶像」と「同性の延長」では処女性と、男性遍歴の描き方に対して大きく異なる
 →女性との付き合いの少ないオタクでは、偶像以外の女性像というものを理解しずらい  →そもそもが二次元という現実には存在しえないある種の理想社会

★結局偶像から逃れること、偶像ではなくなることをを許容できない
→オタク男性の許容性の限界、女性作家の女性ヒロインに対する視点のズレ

★★オタク向け漫画を描く女性作家における男性像の描き方はどうなっているのか?肉欲の対象としてその男性像は、女性を見ている、という視点は描かれているのか?

→オタク向けではかなり少ないか、恐らく皆無、しかし少女漫画、レデイ-ス向け漫画では、「性と肉欲の対象としての女性」は描かれる

→かんなぎにおける主人公男性の視点(なぎとの性行為を想像した)や考え方は、レディース向け漫画における男性たちの性的欲求と同様なのか?それは異なるのか?

→女性作家がオタク向け漫画を描くのと、女性作家が少女漫画、レディース漫画を描く場合、両者に差は生じるのか?生じるとすればそれはどのようなものか?何が異なるのか?

|

« 今だにDVD初回限定版が買えるアニメ版ナイトウィザードは売れなかった?ハイかYESでお答えください | トップページ | 某氏はプロの批評家になれるといいなぁ 「TRPG批評と批評についての妄言」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12215/43147345

この記事へのトラックバック一覧です: オタク向け女性作家、女性漫画家による性の描き方の差異についてのオタク的メモ:

« 今だにDVD初回限定版が買えるアニメ版ナイトウィザードは売れなかった?ハイかYESでお答えください | トップページ | 某氏はプロの批評家になれるといいなぁ 「TRPG批評と批評についての妄言」 »