« URL紹介:花の命はノー・フューチャー | トップページ | シャドウランレッグワーク1「シャドウランの流れ」 »

2008年12月18日 (木)

果てしなき流れの果てに 某氏は今回選に漏れた 

http://www.sfwj.or.jp/hyoron004.html

はい、残念。

ま、次か次か、はたまた別のところで受賞はできるんでしょう。

評論一本で食えるかはわからんが。 この擬似恐慌に限りなく近い社会状況の中、出版不況というより衰退する絶望的出版業界内において、果たして現行の衰退勢力であらせられるところの出版業界に近いSF大賞の論評賞というのが、どこまで意義が見出されるのか(正直、プロの選出と読者からの選出部門も欲しいところだ>SF論評賞)、疑問ではありますが。

ま、なんにせよ、がんばって欲しいものです。

TRPGも、プロの選出とユーザの選出があっても面白いかもしれないですね。業界でやってみるとか。某氏が生きていれば、「参加した人の作品を皆で徹底的にこきおろす」催しがあったかもしれないのになあ。残念。

個人的にはSF大賞履歴を見て、おーぜんぜん読んでねーとか思いました。というか、「裸者と裸者」とかが選にのらない時点でもう自分的にはぜんぜんありえん。まぁかんなぎ騒動に絡めて応化戦争シリーズが何処も言及していない時点で、オタク向けアルファブロガー(笑)、オタク向けニュースサイトの情報収集能力には既に見切りをつけているんですが。あれらは偏りすぎていて、しかも狭い。

ともあれお疲れ様でありました。

(追記)なんかえらくえらそうですがwいや、そんなことはない!そんなことはないですよ!w真剣に一ファンとして精神的応援、もとい呪い、違う!応援を惜しまず、日に5回は礼拝・・・って言い方がまずいんだよなw最近怒られたしwはい、すみませんすみません!応援しております!!がんばれー。

(追記2)シャドウランのレッグワーク(足を使った調査)について書こうと思ったんだけれど、それって最近ようやくわかってきた「PLの問題解決能力」と「GM側の内科的、外科的な情報提供、シナリオ運営能力」と関係するので、単純にPLのレッグワークのやり方だけ教えても、それに対するGM側も考えてあげないと、まずい、ということに気付きまして。レッグワークそのものはサイバーパンク的なおーそどっくすな情報収集なわけです。「コネ」を使うわけですからね。人に合って話を聞く。そこから更に話が進むわけです。物事は時系列に起こるのではなく、PCが行動することによって「次」に動くわけです。レッグワークもまた、そうした「次」に向けたうごきのひとつであって、それ以上ではない。レッグワークという「短針音」によって事件に、水面に波を起こすわけです。誰かが、この事件について首つっこんでるらしいぜ、と。そこからそれを喜ばない相手からのリアクションが発生する。

レッグワークはそうした危険性も内包している情報収集でもある。

あとGMから頭が痛いのは、「時間軸」が異なること。つまりマトリックスとレッグワークでは大きく時間軸が異なるわけ、消費時間が異なるわけです。これをどうするか。

まぁぶっちゃけ、「参加者の大いなる雰囲気に酔ったと思う勘違い」が楽しめれば、つまり上手い駆け引きや会話が楽しめて、「障害」をそのレッグワークによる行動によって回避、解決できたと思えば、レッグワークは楽しめるんですけどねえ。面倒なんだよね、これw文章に書くとwFEARのリサーチフェイズとさほど変わるものではないと思いますけどねえ。まぁ、システムな補助のない分、PLの力量にかかるところも大きいのだが。

どうしたものかな。シナリオにおける「GMからの問題提示」と「PLの問題解決」って不可分で、情報収集、レッグワークってその「問題解決」のひとつの方法でしかなく、サイバーパンクにおけるレッグワークは突き詰めれば「参加者たちの大いなる勘違いな雰囲気を楽しむ」ところになるので、ううううむ。

別に知らなくてもよくね?w知らなくてもゲームできるよ、うんw私がGMでシャドウランやったときに教えてあげたほうが早いんだよねwこれw文章にするとエライ面倒なんだよなぁ。うーむめんどうくせえなぁw(本音)。ま、まぁ考えてみます。誰かやってくれえねえものか。

この追記2は、別場所に移して、「シャドウランにおける情報収集について」記述するかもしれない。しかしなぁ、しても意味あんのかなぁw別にしらなくても幸せに暮らせますよ。はい。サイバーパンクなんて今更ねえw知ったところでwサイバーパンクTRPGの運営ノウハウって意味あんのかなぁ。N◎VAで充分ではないだろうか。あっちのほうが、シャドウランよりも楽だよ、間違いなく。うーん、どうしたものかな。

|

« URL紹介:花の命はノー・フューチャー | トップページ | シャドウランレッグワーク1「シャドウランの流れ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

石頭さん、これはあなたが以前「顔の形が変わるまで殴る」と言っていた人物と同じ、いやもっとひどいと自覚していますか?

投稿: jerd | 2008年12月18日 (木) 22:05

いえ、ぜんぜん。まったく。こういうのはやっぱまずいんですかね?空気読めと?

投稿: 石頭 | 2008年12月18日 (木) 23:32

空気読むとかそういう問題じゃなく……いやまあいいか。明らかにあの時のダイヤよりひどいし。がんばってルサンチマン溢れる文章書いてください。ワナビの遠吠えは面白い。

投稿: jerd | 2008年12月19日 (金) 19:48

おありがとうござい。

これからもばっかんばっかん言いますんで4649ね!w

投稿: 石頭 | 2008年12月19日 (金) 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12215/43455467

この記事へのトラックバック一覧です: 果てしなき流れの果てに 某氏は今回選に漏れた :

« URL紹介:花の命はノー・フューチャー | トップページ | シャドウランレッグワーク1「シャドウランの流れ」 »