« シャドウランレッグワーク4「シャドウランにおけるレッグワークIII」 | トップページ | シャドウランレッグワーク5「シャドウランにおけるレッグワークIV(GM側の検討課題)」 »

2008年12月22日 (月)

SHADOWRUN:シナリオ構造についての考察

「君たちに依頼がある」

というのがジョンソンの口ぐせで、ジョンソンというのは、Mr.ジョンソンというのは企業側からのエージェント名で、警察におけるジョン・ドゥ(男性身元不明死体、女性身元不明死体はジェーン・ドゥ)と同じ符牒である。聞くところによればもう20年以上も前から使われている符牒であるらしい。ふと思う。最初のMr.ジョンソンは、最初のシャドウランナーと会ったとき、どんな会話をしたのだろうか?

「なに、簡単な仕事だよ」

俺たちはシャドウランをする。シャドウランというのはいろいろと複雑な定義があるらしいのだが、とりあえず「極めて柔軟な対応をする不確定要素のいっぱいつまった殺し合いを含む話し合い」だとおもっている。これでも充分長いのだが。

そもそもがシャドウランナーと気障ったらしい、なんともいえない中ニ病全開のつまりは犯罪者の分際で名乗るのもおこがましいような名称だが、これもジョンソンと同じように、いったいだれが考えたのか興味のあるところではある。自称なのか、他称なのか。こんな恥ずかしい符牒を名乗るようなやつがいるとは思いたくないので、恐らくどっか勘違いした広告代理店がデザイナーによる他称なのだろう。

そもそもがシャドウランがいったいどれくらい前から「シャドウラン」という名前で行われたのか、誰も知らない。ジョンソンに聞いてみたこともあるが曖昧な笑顔でぼかされてしまった。恐らく彼も知らないのだ。

「この件について君たちは何も気付かなった。何も知らない。わかるね?」

俺たちは、つまりシャドウランナーというのは、一応建前として身元不明なID認証ができない存在であるがゆえに、いろいろとヤバイこともできる、ということになっている。しかし聞くところによれば、思っているほど完全な匿名性をもっているわけでもない。風評や業界内の噂はあるし広まるし、企業や警察はわからないならわからないなりにデータベースをつくっている。ついでにいうなら、俺たちだってやっぱりそうした目録をつくるわけで、残念なことに、この世に完全な匿名性というのは、それこそバーレーンだか自然公園の、火山のど真ん中の、それこそ指輪を思わず投げたくなるような溶岩の中ぐらいにしか存在しないのかもしれない。

「・・・何を考えているのですか?ジョンソンがお呼びですよ」

ウィッチの言葉が聞こえる。どうやら仕事らしい。俺がいつも思うのは、俺たちシャドウランナーというのは、どこまで余生というか、人生設計というものを考えているものなのだろうか?10代でこんなヤクザな人生を送ろうとする人間が、果たして自分が80のよぼよぼの老人になって猫をなでている姿を想像するのだろうか。想像するわけがない。しかしでは10年後を想像するのだろうか?同じく想像できるとも思えない。ではいったいなぜこんなヤクザな商売をするのだろうか。する以外に方法がないということなのだろうか。人生に選択がない。選択肢がない。いきなりリストラされる派遣労働者張りに不安定な雇用契約だな、シャドウランナーというのは。といつも考えているのだが、それを仲間に話すことはない。当たり前すぎて別に話題にもならないからで、彼らはそれなりに人生を楽しんでいるようにも見える。何も考えていないわけでもないらしい。特に魔法連中は人生設計をそれなりに考えているようにも見える。しかし大金を稼ぐのに、荒事はどうかとも思うし、そうも言ったのだが、何でも政治的な問題も結構あって、純粋に研究機関や教育機関だけで勉強している、というわけにはいかない、というのが世の流れらしい。むずかしいものである。一度深遠に落とされて白い魔法使いとしてでも華々しくデビューできなければ、どうやらそのまま地に落ち込んだまま、というのが大部分の魔法使いの現状でもあるらしく、そういう意味でも魔法というのは思ったよりも、幸せを約束する魔法のステッキではない、というのが面白い。

「なにを考えているのですか?」

ふと目の前にウィッチがいる。心配して来てくれているのか。この少女もそれなりに長いのかもしれないし、もしかすれば魔法によって不老とかになっているのかもしれない。あるいは長寿延命治療を施しているのかもしれない。俺にはわからない。

いや失敬、今行く、といい俺はウィッチと共に仲間とジョンソンのところに向かう。

シャドウランが始まる。

シャドウランについての解説を行う。

シャドウランのシナリオを少なく分割できるものと考えている。

即ち

「戦闘」「調査・交渉」「護衛」

の3つである。シャドウラン・セッションは以下の進行によって基本的には進む。

1:基本パターン(通常どおりの依頼)

1)依頼
2)依頼内容の分析と質問
3)作戦内容の検討、下準備、現場調査
4)作戦決行
5)後始末・報酬の受け取り

2:ホットスタート

1)異常な状況、危機的な状況のPC達への説明
2)状況把握の分析と質問
3)打開策の検討、下準備、現場調査
4)打開策の実施
5)後始末・後日談

白河堂氏のBLOGにあった記事より抜粋しているが、その20の典型的なシャドウラン(依頼内容)を更に個人的に分析すると以下のようになる。個人的にはこの20は依頼内容というよりも、様々な状況を指定しているように思われる。以下★の数1~3でシナリオになりやすいかどうかを評価する。1は状況でしかない(他のとの併用が必要)、2はそのままシャドウランのシナリオとして利用できるが、他と組み合わせた方が効果的な、「弱い」シャドウランのシナリオネタであり、3はそのままシャドウランのシナリオの題材として使用可能である。つまり「強い」シャドウランのシナリオネタである。

A)戦闘
→★★★ A-1)暗殺 assassination
「この時刻、この場所に来たこの人物を殺害して欲しい」
→★★★ A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
「指定された場所からこの指定の物品、人物を強奪し、我々の元に連れてきて(もってきて)欲しい」
→★★★ A-3)データ奪取 datasteal
「指定された場所に存在するデータを強奪して欲しい。この場所は物理的にネットワークから遮断されている」
→★★★ A-4)破壊工作 destraction
「指定した時刻までにこの場所を破壊して欲しい。手段は問わない」
→★★★ A-5)物品強奪 retrieval of object
「指定された時刻までにこの物品を入手し、指定された場所まで輸送してほしい」
→★★  A-6)追撃と逃走 tailchaser
「ある人物(or部隊、集団)が逃げた、その人物(集団)を追跡し、殺害してほしい」
「君たちは今非常に危険な状況にある。この状況を脱出するために某地点まで移動する必要がある」
→★★★ A-7)戦争 war
「君たちに某地点に存在する組織を壊滅してほしい」
→★★  A-8)狩猟・捕縛 wild things
「ある場所に存在するある覚醒動物(植物)を殺害(捕獲)し、指定した場所まで持ってきてほしい」

B)調査交渉
→★ B-1)恐喝 blackmail
「ある人物の秘密情報を調査しそれを元にこちらの言うことを聞くように仕向けろ」
→★ B-2)暗号化・暗号解読 encryption/decryption
「この情報を暗号化してほしい」
「この情報は暗号化されているが、その解読と分析を行ってほしい」
→★ B-3)ハッキング hacking
「この謎の意味を解析してほしい。手段は魔術的、マトリクス、ストリート、いずれでも問わない」
→★ B-4)詐欺・偽造 hoax/counterfeit
「ある架空の情報、(取引、資産)を取引材料として、指定の人物から指定の物品、資産、情報を引き出してほしい」
「この物品とほぼ同一のものを作成してほしい」
→★ B-5)調査 investigation
「ある人物(物品)について調べてほしい」

C)護衛
→★★★ C-1)ボディガード bodyguard
「ある人物を指定の時間から指定の時間まで警護してほしい」
→★★★ C-2)警護 security
「ある人物(場所)を指定の時間から指定の時間まで警護(防衛)してほしい」

D)他
→★★ D-1)運輸・密輸 courier/sumuggling
「この物品(人物)を指定の時刻までに指定の場所まで運んで欲しい」
→★★ D-2)陽動 destraction
「ある組織(団体)から、ある指定の存在を探知させないように、指定された場所、あるいは任意の場所で破壊活動を行って欲しい」
→★★★ D-3)特使 enforcement
「ある人物(組織)に会って、この手紙(物品)を手渡して欲しい」
「ある人物(組織)に会って、ある交渉(取引)を纏めて欲しい」
→★★ D-4)物品設置 plant
「ある時刻までにある場所においてある物品を設置して欲しい」

次回は、これらの相互作用によってどのようにシャドウランのシナリオが作成されるのかを検討する。背景設定などは考えずに単純に各要素の相互作用、構造のみに着目する。恐らくGM側の提供する「障害」、プレイヤー側の取れる「解決方法」で上記20を分割し、個々に重み付けを行えば、その組み合わせによって容易にシナリオの構造そのものは作成可能であると考えるが、その実例は次回にて。

**

前回の記述を踏まえ、今回は実際に20の要素を使った「シャドウラン的シナリオ構造」の構築を行う。

ポイントは「各要素同士の関連」である。つまり20のシナリオ要素をどのように組み合わせていくか、これを考える。その際、背景情報他は一切考えない。20の要素をいかに組み合わせるかだけに腐心し、シナリオ構造を構築する。まず、各要素を「GMの提示する障害」と「PL側が取れる対応策」の二つに類別する。そして「20の要素の一つが提示されたときに、次に何を連想するのか」というものを考える。一種の連想ゲームである。

例:
A-1)暗殺 assassination
が「GMからの障害」として提出されるのであれば、その「PL側がとれる対応策」は
C-1)ボディガード bodyguard
C-2)警護 security
とここでは記述される。

つまり「暗殺」=>「ボディガード」、「暗殺」=>「警護」となる。

つまり以下の20の要素は

「GMの提示する障害」=>「PLの取る対応策」

という組み合わせとして再構築することができる。この二つのペアは、そのまま一つのシナリオの中核となりうる。更に

「GMの提示する障害」=>「PLの取る対応策」=>「GMの提示する障害」=>「PLの取る対応策」

・・・と無限に連続することが可能であり、これによって、GMは各要素がどのように連想されていくのかを考えるだけで、今度はキャンペーンシナリオの基本的な構造、フレームを作成することができるものと考える。そして連想は自由である。

例では「暗殺」に対して「ボディガード」「警護」だったが、必ずしもGMによっては、連想によっては別のもの、例えば「PL側のとる対応策」を「A-6)追撃と逃走 tailchaser」としても良い。その場合は

「暗殺」=>「逃走」

となる。そして必ずしもこの両者の関連は

「障害」=>「対応策」

としてのみ捉える必要はない。

「原因」=>「結果」

とも捉えることは可能だろうし、そのような関連で組み合わせをつくってもよい。要はシナリオ(あるいはキャンペーン)の構造を作成するための方法なので、必ずしも「障害」、「対応」だけに限定して考える必要はない。

そして任意の連続した連係による組み合わせを作成し、その連係間の意味を考える。例えば

「暗殺」=>;「警護」

であれば、「何者かが暗殺する指令を受けたため、それを知った依頼者側はPC側に警護の依頼をする」というものになるし、

「暗殺」=>「逃走」

であれば、「PC側は暗殺を依頼されたが、何らかの事故により失敗し、逃走さざるええなくなった」とも読み取ることができる。この読み取りは、GM側の任意で自由に行ってよい。また「突貫と突出」「戦争」などはそのままでも充分にシナリオたりえるものである。その場合はそのままそれを元にシナリオを考えてもよい。ただ、二つの組み合わせを利用すれば、恐らくシナリオ構造が想像しやすく、その場合の方が作成しやすいのではないか、と考えるだけのことである。

このようにして、20の要素を関連させて、SHADOWRUNのシナリオの、大まかな流れの構造を作成することが可能である。そしてこれは他のTRPGにおいても流用可能ではないかとも思う。

**

参考までに、以下20の要素を自分なりに分割し、「GMの障害」、「PL側のとれる対応策」として分類してみた。
A)戦闘は、シャドウランのシステム上非常に重要な要素であるため、他のものと連想させやすいが、B)、C)などはそのほとんどが「PL側の対応策」と分類されてしまうことがわかる。結果として、B)はその最後に「3番目の連係」として繋げる方が妥当かもしれない。

A)戦闘
A-1)暗殺 assassination
→C-1)ボディガード bodyguard
→C-2)警護 security

A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-3)データ奪取 datasteal
→A-4)破壊工作 destraction
→A-5)物品強奪 retrieval of object
→A-6)追撃と逃走 tailchaser
→D-2)陽動 destractionr
→D-4)物品設置 plant
→B-1)恐喝 blackmail
→B-2)暗号化・暗号解読 encryption/decryption
→B-3)ハッキング hacking
→B-4)詐欺・偽造 hoax/counterfeit
→B-5)調査 investigation

A-3)データ奪取 datasteal
→A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-5)物品強奪 retrieval of object
→D-1)運輸・密輸 courier/sumuggling
→A-6)追撃と逃走 tailchaser
→B-1)恐喝 blackmail
→B-2)暗号化・暗号解読 encryption/decryption
→B-3)ハッキング hacking
→B-4)詐欺・偽造 hoax/counterfeit
→B-5)調査 investigation

A-4)破壊工作 destraction
→A-1)暗殺 assassination
→A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-6)追撃と逃走 tailchaser
→A-7)戦争 war
→D-2)陽動 destraction

A-5)物品強奪 retrieval of object
→A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-3)データ奪取 datasteal
→A-6)追撃と逃走 tailchaser
→D-1)運輸・密輸 courier/sumuggling
→D-2)陽動 destraction
→A-6)追撃と逃走 tailchaser
→B-1)恐喝 blackmail
→B-2)暗号化・暗号解読 encryption/decryption
→B-3)ハッキング hacking
→B-4)詐欺・偽造 hoax/counterfeit
→B-5)調査 investigation

A-6)追撃と逃走 tailchaser
→A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-3)データ奪取 datasteal
→B-2)暗号化・暗号解読 encryption/decryption
→B-3)ハッキング hacking
→B-5)調査 investigation

A-7)戦争 war
→A-1)暗殺 assassination
→A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-3)データ奪取 datasteal
→A-4)破壊工作 destraction
→A-5)物品強奪 retrieval of object
→A-6)追撃と逃走 tailchaser
→A-8)狩猟・捕縛 wild things
→B-2)暗号化・暗号解読 encryption/decryption
→C-1)ボディガード bodyguard
→C-2)警護 security
→D-1)運輸・密輸 courier/sumuggling
→D-2)陽動 destraction
→D-3)特使 enforcement
→D-4)物品設置 plant

A-8)狩猟・捕縛 wild things
n(include kidnapping)
→D-1)運輸・密輸 courier/sumuggling

B)調査交渉

B-1)恐喝 blackmail
→A-1)暗殺 assassination
→A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-3)データ奪取 datasteal
→A-5)物品強奪 retrieval of object
→B-5)調査 investigation

B-2)暗号化・暗号解読 encryption/decryption
→B-3)ハッキング hacking
→B-4)詐欺・偽造 hoax/counterfeit
→B-5)調査 investigation
→A-3)データ奪取 datasteal
→A-5)物品強奪 retrieval of object

B-3)ハッキング hacking
→B-2)暗号化・暗号解読 encryption/decryption
→B-4)詐欺・偽造 hoax/counterfeit
→B-5)調査 investigation
→A-3)データ奪取 datasteal
→A-5)物品強奪 retrieval of object

B-4)詐欺・偽造 hoax/counterfeit
→B-1)恐喝 blackmail
→A-3)データ奪取 datasteal
→A-5)物品強奪 retrieval of object

B-5)調査 investigation
→B-2)暗号化・暗号解読 encryption/decryption
→B-3)ハッキング hacking
→C-1)ボディガード bodyguard
→C-2)警護 security
→A-1)暗殺 assassination
→A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-3)データ奪取 datasteal
→A-4)破壊工作 destraction
→A-5)物品強奪 retrieval of object
→A-6)追撃と逃走 tailchaser
→A-8)狩猟・捕縛 wild things
→D-4)物品設置 plant

C)護衛

C-1)ボディガード bodyguard
→A-1)暗殺 assassination
→D-3)特使 enforcement

C-2)警護 security
C-1)と同じ

D)他

D-1)運輸・密輸 courier/sumuggling
→A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-3)データ奪取 datasteal
→A-4)破壊工作 destraction
→A-5)物品強奪 retrieval of object
→C-1)ボディガード bodyguard
→C-2)警護 security

D-2)陽動 destraction
→A-1)暗殺 assassination
→A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-3)データ奪取 datasteal
→A-4)破壊工作 destraction
→D-4)物品設置 plant

D-3)特使 enforcement
→A-1)暗殺 assassination
→B-1)恐喝 blackmail
→D-4)物品設置 plant

D-4)物品設置 plant
→A-2)突貫と抽出(誘拐を含む) Breaking & Extraction(include kidnapping)
→A-6)追撃と逃走 tailchaser
→C-1)ボディガード bodyguard
→C-2)警護 security

|

« シャドウランレッグワーク4「シャドウランにおけるレッグワークIII」 | トップページ | シャドウランレッグワーク5「シャドウランにおけるレッグワークIV(GM側の検討課題)」 »

シャドウランTIPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12215/43491546

この記事へのトラックバック一覧です: SHADOWRUN:シナリオ構造についての考察:

« シャドウランレッグワーク4「シャドウランにおけるレッグワークIII」 | トップページ | シャドウランレッグワーク5「シャドウランにおけるレッグワークIV(GM側の検討課題)」 »